アートカフェ

第7回 アートカフェ in 造形大

第7回 アートカフェ in 造形大「鑑賞の入口 ~“みる”から始める発見とワクワク ~」

今回のアートカフェの会場は長岡造形大学です。宮下東子氏のお話を伺った後は、造形大で開催中の「卒研展」の作品を学生さんに案内していただく「ギャラリーツアー」の特典付きです。

鑑賞には“答”があると思っている人、いませんか?
確かに“答”はあるかもしれません。けれど、“答”や“知識”にとらわれていると、鑑賞はキュウクツになってしまいませんか。
鑑賞って、楽しいものです。まずは、先入観を捨てて。 目と頭と心を駆使して、“発見”と“ワクワク”から始めましょう。

宮下 東子 氏 新潟県立近代美術館 学芸課長代理

平成3129日(土)午後2時~3
(その後ギャラリーツアー 1時間程度)
会場: 長岡造形大学 103講義室 
参加費:500円(飲み物、ケーキ付)
定 員:30名
申込締切:平成31131日(木)但し、定員になり次第締め切りとなります。

申込方法:①参加者のお名前、②会員or一般、③連絡先電話番号、④ご希望の飲み物(コーヒー,紅茶のいずれか)を記載の上で、メール(tomo@kenbitomo.org)、または電話(0258-28-4419)、またはFAX0258-28-4115)でお申し込みください。

主催:新潟県立美術館 友の会

第6回アートカフェ

新潟駅直結のジュンク堂書店新潟店の地下1階Caféスペースを会場に、第6回アートカフェ「スティーブン・スピルバーグの魅力」開催しました。講師は近代美術館 学芸課長の藤田裕彦さんです。藤田さんは映画がご趣味、いえ、趣味の域を超えています。アメリカ映画の歴史をたどりながらのお話には引き込まれました。特に「ウラ話」はなかなかです。

今回の会場、ジュンク堂書店新潟店さんは、書架に囲まれた素敵な場所です。