アートカフェ

「第7回 アートカフェ in 造形大」を開催しました

今回のアートカフェは長岡造形大学で開催しました。

定員オーバーの満員御礼、皆さんありがとうございました。

近美学芸課長代理の宮下東子さんによる「鑑賞の入口 ~“みる”から始める発見とワクワク ~」。とても面白く、作品の楽しみ方がまた一つ増えたような気がします。

当日は大学の卒業展が開催されていて、とても賑やか。宮下さんのお話の後は、学生さんが卒業展を案内してくださいました。建物が迷路のようでどこにいるかわからなくなりましたが、どの部屋も廊下も作品でいっぱい。

学生さんがご自分の作品の解説をしてくださいました。楽しいですね。

1時間のギャラリーツアーでしたが、作品の数が多く、ほんの一部しか見ることができませんでした。残念!来年も見に行きましょう。

案内してくださった学生の皆さん、ありがとうございました。

 

第6回アートカフェ

新潟駅直結のジュンク堂書店新潟店の地下1階Caféスペースを会場に、第6回アートカフェ「スティーブン・スピルバーグの魅力」開催しました。講師は近代美術館 学芸課長の藤田裕彦さんです。藤田さんは映画がご趣味、いえ、趣味の域を超えています。アメリカ映画の歴史をたどりながらのお話には引き込まれました。特に「ウラ話」はなかなかです。

今回の会場、ジュンク堂書店新潟店さんは、書架に囲まれた素敵な場所です。