活動報告

「新潟県立美術館友の会」でのボランティア活動、友の会文化祭、美術鑑賞旅行、アートカ
フェなど、年間を通じての楽しい活動をこちらでお知らせしています。

万美直行バスが運行されました

10月8日土曜日、三連休の初日に「新潟県立近代美術館(長岡)から万代島美術館(新潟)までの直行バスツアー」が行われました。
当日は気持ちのよい秋晴れ!造形大生も合わせて、およそ30名の参加がありました。

造形大で出発を待つバス

今回のスケジュールは、長岡からバスで新潟市に向かい万代島美術館でロビーで学芸員の説明を受けた後「庵野秀明展」を鑑賞、その後長岡に戻り、近代美術館で「コレクション展についての作品解説会」、そこで解散して、各自コレクション展および「ダリ版画展」観覧という流れです。

万代島美術館のロビーで解説を受ける

参加者は「庵野秀明展」を観て「エヴァが好きなのでうれしかった」「期待以上だった」と声を弾ませていました。
またコレクション展では、生誕百周年の富岡惣一郎の作品と、開幕したばかりの企画展「ダリ版画展」にちなんだシュルレアリズムの作品の解説が行われました。

近美コレクション展の富岡惣一郎コーナー

解説を受けた後に、参加者の人たちがその作品を興味深そうに注目しているのが印象に残りました。

近美コレクション展のシュルレアリズムコーナー

「バスツアーは自分で車を運転せずに新潟までいけるのがうれしい」という意見もあり、次回も参加したいと語っていました。

大地の芸術祭説明会を開催しました

7月2日(土)午前10時から、新潟県立近代美術館講堂+オンラインにて、大地の芸術祭2022の説明会が行われました。
進行役は上松副会長、講師として迎えたのはNPO法人越後妻有里山協働開発機構の事務局長、原蜜(はらみつ)氏です。

県立近代美術館の講堂とオンラインで開催

まずは丸山会長から参加者のみなさまにご挨拶。
続いて原さんから大地の芸術祭の成り立ちや、越後妻有地域にどのような波及効果があったのかなどの概略説明がありました。さらに大地の芸術祭に込められた10の思想を、それぞれの思いと合致した作品を紹介しながら解説。芸術祭について、しっかりと理解することができました。
その後、今回の新作について駆け足で紹介。参加作家とその作品が表示されました。
なかでも「今回の目玉のひとつ」として紹介されていたのが、昨年亡くなったボルタンスキーの『森の精』。こちらは7月30日から公開となります。

スクリーンに映し出された画面

最後のQ&Aのコーナーでは、次回開催について(2年後の2024年を予定しているそうです!)や、「多くの来場者が来るのは素晴らしいが、果たして現地で受け入れ可能なキャパはどの程度か」「親しまれてきた越後妻有里山現代美術館「キナーレ」をなぜ「MonETモネ」に変えたのか」など、鋭い質問もいくつか飛び出しました。
皆さまぜひ「大地の芸術祭2022」にお出かけください!

「大地の芸術祭2022」
2022年4月29日〜11月13日(火・水は休み)
早期割料金 ※7/29まで販売
一般3,500円/大学・高校・専門2,500円/中学生以下無料
通常料金
一般4,500円/大学・高校・専門3,500円/中学生以下無料

2020年友の会web作品展

友の会作品展に訪問いただきありがとうございます。
恒例の友の会会員による作品展は、今年は新型コロナウイルス感染防止上やむを得ずウエブ開催とさせていただきました。ご自分の作品をご自分で写真撮影して送ってもらった力作です。作品をじかに見ていただくことができないのは誠に残念ですが、一つずつ拡大しながらお楽しみください。来年はいつも通り近美のギャラリーで開催でき、そして皆様とお会いするのを楽しみにしています。

日本画
匂い桜

■作品名 匂い桜
■会員No. 10493
■氏名 田中秀美
■サイズ 305×225㎜
■素材

クリサンセマム

■作品名 クリサンセマム
■会員No. 10493
■氏名 田中秀美
■サイズ 314×214㎜
■素材

工芸
こころもあたたまる❁たんぽぽスープ皿❁
こころもあたたまる❁たんぽぽスープ皿❁
こころもあたたまる❁たんぽぽスープ皿❁

■作品名 こころもあたたまる
 ❁たんぽぽスープ皿❁
■会員No. 10465
■氏名 市川明美

■サイズ 幅20㎝、高さ5㎝
■素材 陶芸

サマーセーター

■作品名 サマーセーター
■会員No. 10238
■氏名 中川アイ
■サイズ
■素材 編み物

ハリネズミのポーチ

■作品名 ハリネズミのポーチ
■会員No. 10238
■氏名 中川アイ
■サイズ 直径10㎝
■素材 編み物

編み込み模様のセーター

■作品名 編み込み模様のセーター
■会員No. 10238
■氏名 中川アイ
■サイズ
■素材 編み物

曲線模様のセーター

■作品名 曲線模様のセーター
■会員No. 10238
■氏名 中川アイ
■サイズ
■素材 編み物

町屋の四季 春

■作品名 町屋の四季 春
■会員No. 30033
■氏名 山本正明
■サイズ w48㎝×h61㎝
■素材 切り絵

町屋の四季 秋

■作品名 町屋の四季 秋
■会員No. 30033
■氏名 山本正明
■サイズ w61㎝×h48㎝
■素材 切り絵

疫病退散アマドリ

■作品名 疫病退散アマドリ
■会員No. 30033
■氏名 山本節子
■サイズ h38㎝
■素材 流木、紙粘土、ビー玉、手芸用綿

うさぎのお雛様

■作品名 うさぎのお雛様
■会員No. 事務局
■氏名 佐藤夏代
■サイズ d120×w120×h90mm
■素材 陶芸

小皿5枚揃え

■作品名 小皿5枚揃え
■会員No. 事務局
■氏名 佐藤夏代
■サイズ φ110mm
■素材 陶芸

 

 

写真
月下美人の六連開花

■作品名 月下美人の六連開花
■会員No. 10012
■氏名 春日正利
■サイズ
■素材

水浴

■作品名 水浴
■会員No. 10284
■氏名 上松和義
■サイズ
■素材

釣り日和

■作品名 釣り日和
■会員No. 30070
■氏名 能登義仁
■サイズ
■素材

釣果フグ三匹

■作品名 釣果フグ三匹
■会員No. 30070
■氏名 能登義仁
■サイズ
■素材

薫風

■作品名 薫風
■会員No. 10335
■氏名 桜井邦彦
■サイズ
■素材

菜の花畑点描

■作品名 菜の花畑点描
■会員No. 10335
■氏名 桜井邦彦
■サイズ
■素材

ハイ!ジャンプ!

■作品名 ハイ!ジャンプ!
■会員No. 10335
■氏名 桜井邦彦
■サイズ
■素材

 

 

その他
新潟祭り図鑑

■作品名 新潟祭り図鑑
■会員No. 10267
■氏名 田澤則夫
■サイズ w2.5m✕h1.9m✕d1.0m
■素材 イラスト(画用紙に鉛筆、顔彩仕上げ)

たる砧

■作品名 たる砧
■会員No. 10267
■氏名 田澤則夫
■サイズ 50号
■素材 イラスト(画用紙に鉛筆、アクリル・顔彩仕上げ)

胡桃(くるみ)

■作品名 胡桃(くるみ)
■会員No. 担当学芸員
■氏名 飯田美輝夫
■サイズ w120×h180mm
■素材 ペン画

 

歓送迎会をしました。

これまでお世話になりました皆さん、そして、新しい近美の副館長、万美の館長を迎え、歓送迎会を行いました。

会場は長岡駅前の「たこの壺」さん。おいしいお料理と楽しいおしゃべりで、あっという間の2時間でした。